高級エステ、一流エステ、スパ予約のえつらく
一流 エステ・スパ・ビューティ予約サイト「えつらく」[会員登録(無料)]FacebookTwitterGoogle Plus
エステ・スパ・美容を探して予約 [えつらく]ログイン無料会員登録パスワード再発行えつらくについて
エステ,スパ,ビューティ,美容クリニック,ブライダル,ウェディング,アーユルヴェーダ,リラク厳選ホテルスパ特集
ブライダルエステ特集
ネイルサロン特集
美容クリニック特集
ビューティ体験レポート

こんにちは。「エイジングスキン治療」特別編の体験レポート、第4回目をお届けします。

東京・恵比寿で、細胞による皮膚治療を専門に行う新しいタイプの美容医療「皮膚の再生医療、細胞培養技術」が受けられる
J.YOSHIDA CLINIC にてレポートする「エイジングスキン治療」は、患者さんご自身の真皮線維芽細胞(コラーゲン合成細胞)を
マイナス200℃で保管し、その細胞を2年ごとに移植する治療法です。

従来の美容外科的な治療(大きな変化をもたらす治療)をメイクアップ化粧品とたとえるならば、
本治療はお肌の土台を整える基礎化粧品だと考えていただければご理解いただきやすいでしょう。

また、治療開始と同時に、来院していない毎日にもお肌の土台づくりをしていく「アシストケア(治療内容に含まれています)」
も、しっかりと行ってレポートしていきます。

以下、えつらく代表の福田がレポートしてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

J.YOSHIDA CLINIC 院長 吉田 純

1991年3月 九州大学医学部卒業
1991年5月 第85回医師国家試験合格(医籍第336485号)
1991年6月 九州大学医学部皮膚科学教室(堀嘉昭教授)入局
1992年4月 金沢医科大学形成外科学教室(塚田貞夫教授)入局
1993年4月 富山市立富山市民病院形成外科(置塩良政部長)
1994年4月 厚生連高岡病院形成外科(長谷田泰男部長)
1994年11月 金沢医科大学形成外科学教室助手(塚田貞夫教授)
1997年 金沢医科大学生化学第二教室研究生(西川克三教授)
1999年4月 石川県立中央病院形成外科医長(山本正樹部長)
2000年4月 金沢医科大学形成外科学教室助手(川上重彦教授)
2003年4月 金沢医科大学形成外科学教室講師(川上重彦教授)
2005年2月 UCLA医学部形成外科(Los Angeles, USA)
International fellow(Prof. Henry K. Kawamoto, Jr.)
2006年2月 金沢医科大学形成外科学教室講師(川上重彦教授)
2008年4月 東京都内の美容外科クリニック勤務
2008年12月 RDクリニック三田勤務
2010年2月 RDクリニック渋谷院長
2010年10月 再生未来クリニック神戸肌再生治療科顧問
2013年9月 J.YOSHIDA CLINIC(ジェイヨシダ クリニック)開業

J.YOSHIDA CLINICは二つの目的を達成するために設立いたしました。
一つは、2008年より私が携わっている患者さん本人の細胞を用いた美容医療、この進化版をより多くの方々に体験していただくことです。
私はこの治療法がとても気に入っています。
それからもう一つ。これも同時期より検討を続けてきた、やはり患者さん本人の細胞を用いた白斑症の治療法を確立するためです。
この二つの目的はどちらも同じコンセプトから発生しています。それは「自然で健康的な肌を手に入れる」ということです。

私が17年間お世話になった金沢医科大学形成外科学教室は、皮膚科を母体とした形成外科でした。
もともと皮膚科に入局したこともあり、この20数年間はずっと皮膚と向き合って仕事をしてきました。
基礎研究室に身を置いて様々な実験方法や培養手技を学び、皮膚の細胞の未知の領域をほんの少し垣間見た経験が、今のこの仕事の原点になっています。

一時、美容外科の世界にもちょっとだけ足を踏み入れたことがありますが、私の性分には合わなかったようで早々に撤収…といった過去もあります。
結局、都内の美容再生医療クリニックで出会った細胞治療の可能性に魅せられ、これをこれからの自分の仕事として続けていこうと心に決めました。
私はかなりの凝り性ですので、やるからにはとことん創意工夫と改善努力を行います。

今までと同じことを繰り返すだけの単純作業ではなく、安全性という大事な基本はしっかり守りつつ、細胞や培養技術における新しい知見を反映させた、常に進化し続ける「自然で健康的な肌」のための治療を提供していくことが私の使命だと思っています。
クリニック理念の第一番目がinnovationなのもそういうところから来ています。
このクリニックを選んで下さった皆さん一人一人が、それぞれの「自然で健康な肌」を手にしていただけるよう、
そしてご自身の肌をもっと好きになっていただけるよう、スタッフ全員一丸となって精一杯のサポートをさせていただきます。。

自己細胞移植と細胞保管によるエイジングスキン治療(美容)

細胞による美容医療「エイジングスキン治療」は、日々老化が進む肌に対し、細胞を定期的に繰り返し移植することによって、肌の老化の進行にブレーキをかけることを目的とした治療です。文字通りのアンチエイジング効果を目的としています。また、しわや軽度のたるみといった今現在の症状に対しても、多くのケースである程度の改善効果が認められています。

決して大きな効果が得られるわけではありませんが、ヒアルロン酸注射やフェイスリフトなどの美容外科的な治療(速攻的に大きな変化をもたらす治療)をメイクアップ化粧品に例えるなら、本治療はお肌の土台を整える基礎化粧品だと考えていただければご理解いただきやすいと思います。

J.YOSHIDA CLINICでは、移植した細胞の働きを最大限に発揮させるために「アシストケア」という名称の補助治療の数々を、肌に負担のないものに限定して提供しています。その中の「特別プログラム」は、細胞治療と同時に行う(初回の治療内容に含まれています)ことによって、「効果がわかりにくい(変化が小さい)」という本治療の弱点を、多少なりとも改善し得るものと考えています。

1.「患者さんを理解し、人間的な関係を構築すること」を重視します。

J.YOSHIDA CLINICの診療は患者さんと医療スタッフ(医師を含む)が、お互いに友好的かつ対等な関係を築くことから始まります。患者さんが発する様々な悩みや希望を、まずは一般の感覚を持つ一個人として理解することで人間的な関係をしっかりと築きます。その上で医療従事者としての立場からアドバイス、一緒に解決していくという方法をとっています。

2.患者さん本人にも正しい理解をしていただきます。

J.YOSHIDA CLINICが行う医療は、体外に取り出した細胞を用いて治療を行う新しいアプローチによる医療です。新しい方法のため、誤解や過剰な期待を抱く患者さんも多くおられます。患者さんにまずは正しい理解をしていただくためにも、十分な時間をかけてわかりやすく説明しています。

また様々な美容医療についても、その原理や効果、リスクなどを説明、「お肌や細胞、老化について」など、正しい理解を深めていただくお手伝いをさせていただきます。

3.患者さん本位の解決方法を考えます。

患者さんのお話をじっくりと聞き問題点を明確にしたら、次はその解決策を提示します。解決方法としていくつかの治療法が考えられる場合は、推奨度の高いものから順番に説明をしていきます。

J.YOSHIDA CLINICが有する治療法は非常に特殊なものですが、数ある治療法の中の一選択肢に過ぎず、患者さんの全ての問題を解決できるものではありません。そのため、もしJ.YOSHIDA CLINICの治療法では解決が難しいと思われる場合は、事情をご説明して治療をお断りすることもあります。

4.独自の肌サポートサービスがあります。

J.YOSHIDA CLINICでは、メインの治療である皮膚への細胞注入「エイジングスキン治療」を柱として、そこに「アシストケア」と称する様々な全身的・局所的な補助治療を組み合わせ、医師のアドバイスとともに長期に渡って肌をサポートしていくシステムを採用しています。

「アシストケア」には、細胞注入前後の集中的な「特別プログラム」と、必要に応じて処方する日常的な「ベーシックプログラム」が用意されています(※初回の治療内容には「アシストケア」の「特別プログラム」が含まれています)。

来院してお受けになる「細胞の注入」という「施術」だけでなく、施術を受けるまでの間や施術後の来院していない毎日にも、お肌や細胞をよりよい状態にするためのプログラム、といった内容になっています。単に細胞を入れて終わり、ではなく、その細胞のために何が必要なのか、そして何ができるのか、ということまでを考えた、パーソナライズしたサポートの意味があります。

また、遠方にお住まいの患者さんもおられますので、そのような方でも続けやすい内容のプログラムもございます。
「アシストケア」は肌の細胞に対してダメージを与えないものに限定していますので、安心して繰り返し受けていただくことができます。

5.トラブルには迅速に対応します。

どんなに細心の注意を払っていても、防ぐことのできないトラブルがあります。そのようなトラブル(細胞培養過程と治療過程の両方で起きる可能性があります)が発生した場合は、直ちにその問題を患者さんと共有し、十分に話し合いながら、スタッフ一丸となって迅速第一かつ誠実に問題を終息させるよう努めます。

6.患者さんが前へ進むための心のサポートも行います。

患者さんは皆、それぞれいろいろな悩みや希望を持っています。他人から見れば些細なものにしか思えないことでも、本人にとっては非常に大きな問題であることも多々あります。そのような心の要素を含んだ訴えにも耳を傾け、例え解決はできないとしても、少しでも前に進むことができるよう、お手伝いするという姿勢で診療に望みます。

第3回目 : 2014/1/24(金)

【前回から初回注入までの流れ】
細胞培養・保存(1ヵ月、来院不要)
採取した皮膚から約1ヵ月をかけて、保存するための細胞を培養します。

【細胞注入(初回注入)】
保存用細胞の一部を解凍して治療に使います。
写真撮影後、表面麻酔を施してから注入を行います。
(初回注入は少なくとも1週間以上の間隔をあけて、2回の注入が必要です。)
今回はその2回目の注入です。

前回の注入で、痛みの程度(箇所によって違いがあります)や、2〜3日位の赤み、腫れの感じを経験しましたので、今回は緊張感や恐怖感はほとんど感じずに当日を迎えました。

前日に、「若くなった。」「5歳くらい若く見える。」と、治療のことを知らない知人から真顔で言われたことと、初回注入後、左側の一番気にしていたほうれい線がほぼ消えていましたので、とてもうれしくて、この「エイジングスキン治療」のレポートがますます楽しみになってきています。

前回は、痛みが辛いからといった感情的なものではないのですが、治療中に涙が流れることが3回くらいあったのですが、今回は涙が出ることもなし。
それでは、早速、レポートしてまいります。

ステップ1.クレンジング

今回の2回目の注入ではお肌のビフォア写真の撮影がないため、すぐに洗顔に入ります。
クリニックのフロントは、年明けの縁起のいいディスプレイに代わっていました。

ステップ2.カウンセリング

次に個室へ移動して、前回お肌の状態の確認、今回の治療の流れと、麻酔の種類が変わることのご説明を受けました。

前回の注入後から、そうっと力を入れないようにして、クリームや美容液を塗るように気を付けて、お肌にあまり触れないようにしていました。
また紫外線にもなるべく当たらないよう、UVケアに気を付けて過ごしましたので問題なく過ごせたことをご報告しました。

2週間前の初回注入で、注入直後の赤みと腫れ(ハリを感じるような腫れ)が3日くらい続いたことをお伝えしました。
その後は吉田院長先生のアドバイス通り、少しずつ元のお肌の感じに落ち着いて戻っています。

最近は、目元のまわりの小じわや、ほうれい線がほぼ消えてきていることなど、自分でもお肌の変化を感じるようになっていました。

余談ですが、わたくしは犬を飼っているのですが、初回注入直後の夜から2日間くらい、わたくしのお顔の赤みや腫れがわかったようで心配して犬がずっと凝視していたことを看護婦さんにお伝えしたら、笑っていらっしゃいました。犬は嗅覚がよいので本当に細かい肌の傷もわかるみたいです。

ステップ3.表面麻酔(1時間)

【今回の「麻酔クリーム」の違いについて。】
今回、1点、前回との違いとして、麻酔クリームの種類が変わりました。

今回は、前回使用いただいたクリームよりも、より強く効くタイプの麻酔クリームを使用します。
塗布する箇所も、目の下は麻酔テープを貼り、それ以外は麻酔クリームを使用していきます。前回より麻酔クリームが広範囲に使用されます。

塗布して20分くらいで効くため、麻酔時間も短縮されるので有難いですね。(前回が1時間位でした)
このクリームに変更した理由をうかがうと、前回のクリームだと長時間クリームが接触することによって皮膚炎を生じた方が、2年間治療した中で2名いらっしゃったとのことで、そのリスクをなくすことが目的だそうです。つい数日前に海外から届いたばかりとのことでした。

麻酔をしている間、弊社のエディターから少し質問させていただきました。

(以下、エディター:Q、看護婦さん:A)
Q1:「皮膚の敏感な方の場合は、どうされますか?」
A1:「皮膚の敏感な箇所には、麻酔テープにします。」

Q2:「注入中、どうしても痛がる患者さんがおられたとき、どうされますか?」
A2:「頬のあたりであれば、ブロック注射(鼻の横あたりに行う麻酔)をすれば無痛にすることができます。
院長は以前の職場でときどき行っていたそうですが、当クリニックではまだそういった患者さんはいらっしゃいません。」

Q3:「患者さんには、どんな方がいらっしゃいますか?」
A3:「女性が多いですが、最近は男性も増えてきています。またご夫妻でいらっしゃる方も。ご家族に内緒の方はごくたまにいらっしゃる程度です。」
(たしかに、治療後のお肌は隠すことがむずかしいとわたくしも思います。)

今回麻酔クリームを塗っていただいてから5分くらいで、すぐに唇や口のまわりがピリピリしてきて、その後は、お話し中でも、あまりよく口元が動かない(しびれている)感じになっていました。

20分放置した後、ふきとっていただきます。

麻酔が効くまでの待ち時間には、おいしいハーブティ
(今回は「天使のデザート」という、ピーチとアップル、カモミール、ローズヒップなどのブレンド)と抹茶のスイーツをいただきました。

いつもお出しいただくスイーツのセンスがいいので、「吉田院長先生のセレクトですか?」と弊社のエディターがお聞きしましたら、看護婦さんとのこと。さすが、センスいい!

ステップ4.コラーゲン細胞注入(1時間)

次に、治療専用の個室へ移動して、細胞注入に入ります。
今回は、注入も、前回とは違った流れになりました。
まずは、ほうれい線、口元、頬など、どちらかといえば痛みを感じる箇所から注入していきます。
テープよりもクリームのほうが麻酔が早く効き始めるので、このような順番になったそうです。

次に、額全体。それらの個所を注入している間は、ずっと目元の麻酔テープは貼ったままです。
最後に、目元の麻酔テープを外して、目元の注入です。

全体的に、初回より痛みを感じずに受けることができました。麻酔の効きが良かったことが大きいかなと思います。

注入中、「お肌がなめらかになりましたね。」と吉田院長先生に言われたのですが、
わたくし自身も毛穴が本当に目立たなくなっていて、先述のようにほうれい線もほぼ消えてしまって、
お肌の質感が良くなっているのを実感しているので「とてもうれしいです!」とお伝えしましたら、院長先生にも喜んでいただきました。

ちなみに、通常、このエイジングスキン治療は、注入をスタートして3ヵ月後位から変化を感じるとのことです。
わたくしの場合効果がとても早く感じられるほう、なのだそうです。
良かったです!頑張っていこうと改めて思いました。

注入中は、口元が院長先生とお話ししてもよく動かないくらいしびれていました。
前回は効いているかよくわからない感じ(特にほうれい線、頬など)の箇所もありましたが、
今回は額も目元もチクっときますが、お話しできるくらいで苦痛はほとんどなかったと思います。

※前回は自然に・・なのですが、3回くらい涙が出てしまう場面があって、
親知らずの歯を抜いているときに流れてしまう涙、みたいな感じです)今回は涙は出なかったです。

【注入を受けるときに、気を付けたこと。】
もうひとつ、実は、わたくしなりに治療を受ける際に気を付けた点があります。
それは、治療を受けているとき(横になっているとき)の姿勢です。

前回は胸の上で両手を組んでお祈りをしているときのような状態でいたのですが、
撮影でようすを見ていたエディターさんから「とても力が入っていた」、と言われました。

そこで今回は両手を組まず、手のひらを上に向けて、両手と両足の力を抜いて横になるよう心がけました。
エディターさんからリラックスできると教えていただいた寝方で、たしかに前回よりもリラックスして受けられました。

【エイジングスキン治療についての質問】

今回の注入中に、吉田院長先生にいくつかのご質問をさせていただきました。
(以下、質問:Q, 吉田院長先生:A)

Q1.「1回目の注入と回数は同じですか?」
A1.「はい。同じ量を注入していきますので、だいたい同じ回数になると思いますが、数えているわけではありません。」
(※前回レポートでお伝えしていますが、約1000回位)

Q2.「今流行りの幹細胞とは違うのですか?」
A2.「はい。全く違います。幹細胞というのは、まだ働きが決まっていない(未分化な)、これから何かに変わろうとしている細胞です。
当治療で使用している細胞は、働きの定まった(分化の進んだ)真皮の細胞ですが、その中に少ないながらも皮膚の幹細胞が混じっているのではないかと考えています。ちなみに皮膚にも幹細胞があるとわかったのはごく最近のことです。

また昨年、京都大学の山中教授がノーベル賞を取ったiPS細胞とは、人工的に生み出された幹細胞のことです。
実際の医療に幅広く応用するには、まだ安全面に関していくつか解決すべき問題があります。

当クリニックで行っている治療は、1995年にアメリカでシワやニキビ跡の治療法として開発された方法で、現在、FDA(米国食品医薬品局)により、少なくともほうれい線に効果がある、安全な治療として認められています。」

Q3.「これはお友達からの質問なのですが、どの箇所までできますか?」
A3.「基本的に、皮膚がある箇所でしたらどこでもできます。首や手の甲への注入を行う方もおられます。
ただ、範囲によってはとても多くの細胞の量が必要になります。以前、患者さんのご希望により、胸にあるやけど跡に注入したことがあります。」

最後に、今回の印象として、前回より少し、注入のスピードがアップした気がします。
1時間くらいで注入は終了です。おつかれさまでございました。

ステップ5.注入後のアイシング(冷却) & アフターカウンセリング(約40分)

注入後は、初回同様にリクライニングシートのある個室に移動して、アイシングタイム。
ローズヒップのハーブティと、ミルフィーユのチョコレートをいただきました。

お肌の鎮静は、冷たいアイスノンのようなパッドを2つ使って自分でお肌に当てて冷やしていきます。
前回よりも赤みが出ましたので、気にならなくなるまで冷やしてください、とのことで、ゆっくり冷やさせていただきました。

アイシングタイムと同時に、アフターカウンセリング。
当日は血行を良くすることを避けること(お風呂はシャワー程度に、お酒をあまり飲まないように、等)のご説明を受けます。

また今後の「アシストケア(特別プログラム)」のご説明を受けました。
「アシストケア(特別プログラム)」は数種類あり、その中にクリニックで受けるケアがあります。

この周期(わたくしは週2回)のスケジュールについてと、前回と同じサプリメントをいただきました。
前回からしっかり飲んでいて、お肌の調子が本当に良いので、これは毎日続けていこうと思っています。

2週間後、2回目の注入の予約をして今回のエイジングスキン治療は終了。
次回まで楽しみです。

今回も、吉田院長先生からのリクエストで、すっぴんのわたくしの治療直後のお肌の状態。
麻酔がよく効いてしびれていて、微妙な笑顔に見えますが、前回よりも全体的に慣れた気がします。

【治療翌日の感想】

今回は、前回より腫れがすぐに引いています。またかゆみもほとんど感じません。
これも今回は緊張感がほとんどなく受けられたからかな、と思っています。

もともと、アトピー体質なこともあって、やはり未知の新しいケアを受けた前回、まったく意識はしていなかったのですが神経が敏感になっていた可能性があるかもしれないな、と感じています。

メイクをしていれば本当にお肌は気にならないですし、2日〜3日で小さな赤みなども回復していくことを経験したので、これからが楽しみです。
来週からのアシストケア(特別プログラム)で、しっかり効果を出していきたいと思います。

エイジングスキン治療 初日のレポートはこちらで
第2回目のレポートはこちら。
第3回目のレポートはこちら。

●レポータープロフィール 【えつらく 代表】
福田 美穂

子供のころから、外見にとてもコンプレックスを持っていました(今でもです)。エステに初めて行ったのは、18歳(学生)のころ、痩身コースです。
高校生のころから、脚のマッサージやダイエットなど、あらゆる美容を実践することも大好きでした。
美容業界に関する仕事をするようになったのは、25歳から。仕事以外にも、月に数回のペースでいろいろなエステに行っていました。
40代に入ってからは、アンチエイジングにとても感心を持っています。

お顔に対する本格的な美容医療は、(軽いフォトフェイシャルなどは経験していますが、)わたくし自身も、初めての経験になります。
これから美容医療やアンチエイジング治療をスタートしたい方、ご自身のお肌のアンチエイジングを本気で大切にお考えの方、
本物の美容をお探しの方に、えつらくがお役に立てれば幸いに存じます。

●総合編集:えつらく代表

高級エステ、一流エステ、スパ予約のえつらく
高級エステ、一流エステ、スパ予約のえつらく