エステ・スパ・ビューティ予約サイト「えつらく」Beauty Eturaku[会員登録(無料)]FacebookTwitterGoogle Plus
エステ・スパ・ビューティ・美容ログイン無料会員登録パスワード再発行えつらくについて
厳選 ホテルスパ デイスパ ホテルエステ 特集,Beauty,Japan,Booking,Eturakuブライダルエステ特集
ネイルサロン特集
美容クリニック特集
ビューティ体験レポート
home > お知らせ
お知らせ
梅雨の超敏感肌&ゆらぎ肌を、元気に。かゆみ・赤み対策 ☆ コラムNo.74

こんにちは。えつらくです。
いつもアクセス、ありがとうございます。
まだまだ湿度の高いお天気がつづきますね。

梅雨は、とてもお肌が敏感になりやすい季節。
アレルギー体質、アトピー体質の方にとっても、一年で一番、悩ましい季節ですね。

そこで今回は、「どうして梅雨に肌が敏感になったり、かゆみ&赤みが起きやすいの?」
というお悩みに、原因と対策をご紹介します。


【●梅雨に「敏感肌」になる理由】

(1). 汗と湿気

梅雨の季節は、空気の湿気が多くなります。
そのため、お肌から汗が蒸発しにくく、お肌にとどまりやすくなります。

⇒敏感肌の方は、ご自分の汗にも敏感なため、かぶれやすくなります。

(2). 高温と皮脂分泌、そして乾燥!

同時に、梅雨は気温が高くなって皮脂分泌が活発になるため、お肌がベタベタ、テカリやすくなります。
毛穴の開きやぽつぽつとした皮脂、黒ずみなどが目立ちやすくなります。そのためお肌が汚れやすくなります。

また気温が上がっていく時期のため、汗として水分が体から排出されやすく、同時にお肌の水分が少なくなって、(意外ですが・) お肌が乾燥しています。

これが原因で、お肌のバリア機能※が低下してしまうのです。これが、かゆみを感じやすくなる原因。

(※外からお肌に悪影響をおよぼす「紫外線」やホコリなど「空気の汚れ」、「雑菌」などからお肌を守る働き)

(※関連コラム:「梅雨のお肌ベタベタ対策」コラムNo.66)


(3). 湿気と常在菌

もともと敏感肌の方は、お肌のかゆみを感じやすいのですが、上記の状態になり、普通肌の方でも、お肌の常在菌※にも敏感になります。

(※お肌には、もともと誰でも「常在菌」というさまざまな菌がいるのです)

梅雨の湿気によって、これらの菌がさらに増えているため、かゆみや湿疹などの原因になっています。


(4). 紫外線が強くなるため 

GWから夏にかけて、紫外線が強い季節。紫外線も、お肌によくない影響があります。
雨や曇りですと忘れがちですが、紫外線は降り注いでおり、お肌のダメージを進行させています。

(※関連コラム: 「スーパーアンチエイジング」を目指して。【Part.1「紫外線」】コラムNo.54)

・・・・・・・・・・

【●お肌をやさしく癒して、元気にする!
     梅雨のかゆみ・赤み対策】


では次に、梅雨にかゆみや赤み、湿疹などができやすいお肌を癒して、元気にする対策をいくつかご紹介します。

(1) 保湿を充分に!

先ほど御紹介したような「お肌のかゆみの原因」を避けます。
そのためには、充分な保湿を。乾燥するだけでも、お肌のバリア機能は低下してしまうからです。
いつものスキンケアを、保湿重視のタイプに切り替えて。

(2) お肌を清潔に保とう。

1日2回の朝晩のクレンジングと洗顔で、汗やお肌の汚れをよく洗いましょう。
目元は、強くこすると目元まわりが荒れる原因になるので、梅雨は特に、敏感肌用のクレンジングをおすすめします。

エステティックサロンや美容皮膚科クリニックのトリートメントは、お肌のターンオーバー28日の周期に合わせて月に最低で1回は受けておくとベストです。
お肌の状態によって最適なトリートメントを補給しておきましょう。

(3) 日焼け止め対策は、万全に!
     ※ポイント:「紫外線吸収剤」もしくは「ナノ化」はNG!


紫外線からお肌を守るために、「UV対策」をしっかりと行いましょう。

◇◆ 日焼け止めのUVクリーム選びで、大切なポイント!◆◇

市販の日焼け止めでが、「紫外線吸収剤」「ナノ化」の言葉をよく探してください。これらの成分はお肌がかぶれやすく避けたほうがいいです。

・「紫外線吸収剤」は、アレルギーやお肌の炎症を起こしやすい成分です。 お肌に負担がかかり、お肌に悪い成分とよくいわれています。
・「ナノ化」されている日焼け止めクリームも、お肌がかぶれる方が多いです。お肌の深部に成分が入り込んでしまうためです。

(4) かゆくてもなるべくこすらない・

これが、なかなかできないことはわかっています。ですが、気を付けてみましょう。
かゆみがあるとき、一度お肌をこすると、ますますかゆみ、赤みが出て、敏感になり、そしてバリアしてくれていた弱ったお肌がさらに剥がれ(角質が薄くなって)、また、さらにかゆくなる・・
この悪循環のスパイラルに入っていきます・。一度かゆみが気になってかきむしってしまうと、お肌が赤く、うすくなり、さらに敏感になりますね。

目元のまわりなど、お肌がうすい箇所は、敏感になりやすく、その理由は、皮膚がうすいためです。敏感肌の方は、目元にシワができやすいので、要注意です。強くこすることで皮膚に負担がかかって、シワになりやすいのです。
またもし、敏感な状態がとても深刻な場合は、あまり我慢をせずに皮膚科へ相談に行きましょう。

もしかゆみが増幅してしまっている場合は、なるべく日中は、汗をお水(真水)でこまめに洗う、外出が多い方は、冷やし小タオルを持っておいて、よくふきとるようにする、と、少しかゆみを抑えられます。対処法ですが、おすすめです。


(5) ストレスや疲れをそのままにしていませんか?

また、体や心のストレスが、特に肌のアレルギーやアレルギー体質の症状を悪化させてしまうケースが多いです。
定期的に(週末など)、ゆっくり休みを取る習慣はありますか?がんばりやさんほど、体の悲鳴に気づきにくいもの。リラックスする時間、ストレスや疲れを放置していないか、これもぜひ確認してみてください。
ストレスから解放してあげるには、体の疲れを取るマッサージを受けたり、お肌を癒すフェイシャルのトリートメントを受ける時間もときどきは必要ですね。

゚・*:.。. ☆.。.:*・゚

◆Related Topics | YOU MAY ALSO LIKE

あなたにおすすめ

敏感肌専門プライベートエステサロン anna (エステ | 東京都武蔵野市)

自然派エステティックサロン ラ・ネージュ(エステ・兵庫県尼崎市)

メディカルサロン ディセ(エステ・愛知県名古屋市)

J.YOSHIDA CLINIC ジェイヨシダクリニック (皮膚の再生医療| 細胞培養技術 |東京都渋谷区恵比寿)


お肌に優しい「フェイシャル」 | 敏感肌 をさがす

ボディ | リラクゼーション | マッサージ をさがす

ボディ | リラクゼーション | アロマセラピー をさがす

コラムTOP

ajisai Rainy season 2016
ajisai Rainy season 2016

目利きが厳選する上質な美容を賢く予約、エステ・ビューティ・Luxury予約サイト「えつらく」TOP